大阪大学光科学センター
ニュース
イベント
センター長よりご挨拶
センター概要
構成・メンバー
活動プロジェクト
お問い合わせ リンク サイトマップ メンバー専用ページ English
光は物質やその状態を「見る」ための必要不可欠な手段です。
様々な種類の光とその計測システムを利用すれば、
原子や分子から、医療診断、宇宙の起源やブラックホールまで、
ありとあらゆる情報を得ることができます。
さらに、レーザー加工、超高密度光記録、太陽電池、光触媒、光通信など、
幅広い産業分野で重要な役割を担っています。
このように、光科学は様々な分野、コミュニティ(ナノ、材料、
エネルギー、宇宙、生物、化学、情報、医学など)との連携が可能な
学際型科学としての性質があります。

大阪大学では光に関する優れた研究が各分野で数多く行われています。
そのため、大阪大学は光をキーワードとした幅広い分野で優れた人材を育成し、
産業界との連係体制を構築するポテンシャルを有しています。
そこで、「光源開発」をキーワードに
光科学に関する国際的教育と産業界との連携を
円滑かつ効率的に実施する部局横断型活動と組織化を目的として、
「大阪大学光科学センター」を平成21年1月に発足しました。