大阪大学光科学センター
ニュース
イベント
センター長よりご挨拶
センター概要
構成・メンバー
活動プロジェクト
お問い合わせ リンク サイトマップ メンバー専用ページ English
 

大阪大学では光科学技術に関する基礎から応用に至るまで、幅広く優れた成果を上げています。
生命からフォトニクス、通信、エネルギー、宇宙や素粒子、原子、分子、生物に至る
光を利用したダイナミックな研究は、学祭性豊かな光科学技術に関する教育環境を幅広く提供できます。
また、ピンポイント教育ではなく、光の本質から応用、利用に至る光科学に関する総合教育が可能です。
さらに、学際性を生かした境界領域の新しい学術創成、産業連携、企業化の実績があります。

このような環境を最大限に利用して、私たちは我が国の光科学技術を担う人材育成を目標とします。
また、産官学で必要とされる「理解力・判断力・行動力」を備えたリーダーの育成も目指します。

光科学分野を系統的かつ体系的に習得できる標準カリキュラムモデルとして、
入口から出口までカバーする下記の光科学トリニティ教育プログラムを実施します。

1. 大学入学前の学生に光科学の魅力を伝える「啓蒙プログラム」
2. 量子光学から非線形光学、光デバイス工学、パワーフォトニクス、光診断学、
 光イノベーションに至る学際性豊かな「基礎教育プログラム」
3. 大学院博士課程、若手研究者を対象とした「実践プログラム」

 

大阪大学は光科学に関して国内最大級の研究者数を誇り、
また世界トップクラスのアクティビティを有しており、
学術創生から産業応用までの幅広い社会貢献が可能であります。
光科学センターは光科学に関する学内横断組織としての役割を持ち、
各部局との密な連携により、産業界への技術移転を含めた
研究成果の普及および活用促進を行います。

光科学の社会貢献を国際的に推進するために、
グローバル時代に対応した国際連携研究を支援するとともに、
本学の光科学研究活動の情報を整備し、グローバルに発信していきます。
また、光科学に関する国際的学術研究情報の収集・提供
および国際的共同研究・人材交流の推進を図ります。

博士号取得者等の高度な専門性を有する人材が、
大学・研究機関以外の多様な方面へ進み、
その能力を活用できる多様なキャリアパスへの対応を支援します。

・J-Phop(Jump up of Photon Pioneers)
光科学に携わる若手研究者自身および研究指導者の
意識改革を目的としたプログラムを設定します。

・O-Phop(Opportunity for Photon Pioneers)
企業担当者と若手研究者の出会いの場を設けます。

・B-Phop(Bank of Photon Pioneers)
若手研究者と企業・大学・研究機関双方のPR・求人情報を掲載する
登録制の双方向の人材バンクを設けます。

 

光科学は幅広い研究分野で重要な地位を占めてきましたが、
今後は分野横断型の研究協力が極めて重要になると考えられます。
現在の大阪大学は様々な光科学技術分野で世界トップレベルの研究が行われています。
光科学に関する幅広い研究領域を統合推進し、分野横断型研究を展開することで、
より一層高い研究レベルへの飛躍が期待できます。
また、光科学の斬新な研究分野も開拓されるかもしれません。
分野横断型の研究例として、質の高い光技術(フォトニック結晶など)と、
強い光技術(超高強度レーザーおよび高輝度光・量子ビーム制御のための
プラズマフォトニックデバイスなど)を融合した
高品位高輝度光源QUADRA(Quality Ultra ADvanced Radiation Sources)システムの開発が
現在進められています。このような分野横断型の研究協力を順次広げていくことを目指します。